アメリカに来たときは高校生&小学生だった息子たちも大学生&高校生になりました。。。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャマイカなどと違ってアメリカ領のプエルトリコではあまりオールインクルーシブタイプのホテルは一般的ではないみたい。
なので宿泊についてくる朝ごはんビュッフェ以外は自分で調達しないといけません><
基本我が家はお寝坊さんなので朝ビュッフェでうんと食べてランチはスキップ♪です。

たま~に遠出して小腹が減ってしまったら
910_convert_20150505111641.jpg
外でテイクアウトできるのはこういう揚げ物がほとんど。ビールにあいますがもたれます。

またあるときはマヤゲスという西端のまちにいってみたのですが夕立にあい、
Costa tio monという公園そばの一見オサレなレストラン。
911_convert_20150505111812.jpg

ランチはバイキング形式$22もします(プエルトリコ人ってリッチ?)
912_convert_20150505111727.jpg
プエルトリコご飯は野菜がほとんどないのでちょっと気を使って野菜多目にとってみました

夜は基本的にホテルの格安日替わり定食で行こうと思っていたのに我が家の男子はまさかのホテルのあやしい寿司バーに吸い込まれてしまいました。どうして、どうしてこんなところで日本食いくかな~~~
918_convert_20150505111749.jpg

なぜかロールを二人がかりでまいてる。。。。しかも握ってる人は中国の人ですらない。
「カルロス、今日はおまえがにぎってみろ」
「え、アニキいいんすか??。。。がんばりますっ!」
「いいかんじだカルロス、ロールはな、こうやってギュッと一気に力を入れるのじゃ」
「アニキさすがっす!」


みたいな会話が聞こえてきそうです。
919_convert_20150505111850.jpg

力強く情熱的に握りしめられた、邪道ロール。
ま、わるくないけどね。ドルジはお寿司にクリチーがはいってておどろいてました。(フィラデルフィアロールね)


******** おまけ **************
素敵なプールもあったのですが我が家はひたすら灼熱の太陽の下、テニス&バスケ
こんな本格的な靴はいてバスケする人はほかにいないし
928_convert_20150505111941.jpg
6面あるテニスコートも独り占め♪
921_convert_20150505112002.jpg


だれも倒れなかったのが奇跡カモ
スポンサーサイト

【2015/05/05 11:39】 | 旅行
トラックバック(0) |
プエルトリコに来る人はたいていサンファンにお泊りです。ポンセのいいところは~~~~

カジノと温泉♪

カジノはたいていのホテルにあって24時間営業! (なぜか年寄りが多い)
温泉は車で20分ほどのコアモスプリングスというところにあります。
とても由緒ある温泉で別名「The Fountain of Youth」(若返りの泉)
かのポンセデレオンはプエルトリコの先住民から泉の話を聞いて、フロリダを発見したのですがその泉はこれなんじゃないかという説もあります。

913_convert_20150504062951.jpg
駐車場でオオトカゲ発見。こんなのがあちこちをぶらぶらしてます。ホテルの池ではパンケーキを食べてました。

914_convert_20150504063023.jpg
温泉。 もっとボロイのを想定していたのでホッ
入場料はおひとり$3ポッキリ。70歳以上はタダ。

915_convert_20150504063047.jpg

お金を払って外に出るとプールっぽいのが2つ。
一つは熱め、もう一つはぬるい。
硫黄のにおいがプンプンして本格的。草津温泉みたいな匂いです。あったまるねぇ~ しかも若返るらしいし。
プールの中は地元のお年寄りで一杯。ほとんどの人はスペイン語でしたが英語のできる人がいたのでちょっとおしゃべり。 6時過ぎると今度は若者&ファミリーがたくさんやってきます。 日本の田舎の温泉みたいだねぇ。
気に入りすぎたので5泊の滞在中3回も来ちゃいました♪ もう、女子高生くらいに若返ったはず!

プールのおじいさんイチオシのプエルトリコ料理はモフォンゴだそうです。そんなわけでホテルのフロントのお姉さんにうまいモフォンゴ屋を聞いて行ってみたのがこちら

El Jibarazo (ウォルマートのモールにあります)
モフォンゴというのはマッシュしたプランテーン(お食事バナナ)にニンニクは香辛料なんかを入れたものらしいです。

モフォンゴ デ マリスコス(シーフード)
923_convert_20150504063155.jpg タコばっかり

モフォンゴ デ シュラスコ(多分牛肉って意味)
926_convert_20150504075443.jpg
ドルジいちおし。

モフォンゴ自体にはそんなにはっきりした味はないのですが多分ベーコンっぽい風味&ニンニクが絶妙なコクをうみだしています。とてもおいしいです。  スペイン語もっと勉強しておけばさらなるプエルトリコ料理が注文できたのに~




【2015/05/04 07:59】 | 旅行
トラックバック(0) |
しばらくさぼってましたが。。。。4月のイースター休みにプエルトリコに行ってみました。どこか暖かいところでテニスをしたかったのですが、どのくらいいけばあったかいのか予約時には見当もつかず~とりあえずハワイ以外で一番あったかそうなアメリカ領♪

カリブの島っぽいですがアメリカ領なので国内線でいけます(2時間前に集まらなくていいの)
そしてジェットブルーでいけば手荷物一個無料です。

こういう旅行ってホテルと飛行機、どっちを先に予約するんでしょうね。最初にポンセという町にホテルを予約したのですが、飛行機はサンファン便しか取れなかった><  真夜中に着いてそこからレンタカーで1時間半
ついたら夜中の3時ですがな。

翌朝起きたら
897_convert_20150503095037.jpg
いえ~い、南国だ!

せっかくなのでポンセ市外へGO!(ホントはビールを調達しにね♪)
ポンセは有名なコンキスタドーレ、ポンセデレオンにちなんだ名前だそうです。
898_convert_20150503095212.jpg

数少ない観光スポットらしい「消防署博物館」なんでやねんってくらいの派手な色。
カラフルな建物が多いです。
この日はイースターサンデーだったのでお店はほとんどしまっていましたがそれを差し引いてもうらぶれ感は否めません。
903_convert_20150503095305.jpg

902_convert_20150503095239.jpg


レストランも店もしまっていてしょうがないのでホテルのバーでファヒータ定食たべて
905_convert_20150503095326.jpg

モヒート飲んでおやすみなさい

【2015/05/03 10:01】 | 旅行
トラックバック(0) |
2月中旬の一週間冬休みにはカリブの島やフロリダ、カンクンなんかに行く人が多いです。なのに大雪のボストンに突っ込んでしまいました。
立山黒部アルペンルート?なみな雪の壁。
IMG_4355_convert_20150303035542.jpg
ただでさえ狭苦しいボストンの通りがさらに狭く。。。 おまけに雪の壁のせいで好きなところで横切れない!

でもベロンベロンになる気満々な私たちはホテルから歩いてシーフードレストランへ~

Island Creek Oyster Bar ←詳しくはココ

期待通りのおしゃれな都会のレストラン風。
IMG_4348_convert_20150303035514.jpg
弁護士の人たちがディナーに来そうです! 
IMG_4353_convert_20150303035652.jpg

もちろん各種生ガキも絶品でしたが、
おすすめは奥の小さいハンバーガーみたいなフライドオイスタースライダー♪サックサクでおいしいです。
カラマリもクラムチャウダーもムール貝もアタリ!
余りのおいしさにワイン2本いっちゃいました。


翌日はボストン観光。といっても雪だらけで歩く気分ではなかったので美術館2つのみ。
まずは王道の「ボストン美術館」
IMG_4357_convert_20150303035121.jpg

とても豪壮な建物。ここで結婚式したらいいんじゃないかな~
作品はメトロポリタンとMOMAを合わせた感じで統一感はあまりない。
ピカソやルノワールみたいなクラシックな大御所から

IMG_4356_convert_20150303035220.jpg
スリフトショップの裏側みたいなナゾの作品までたくさんありました。

午後は近くのイザベラスチュワートガードナー美術館
フリックコレクションみたいな大金持ちの個人美術館♪
ワインも飲めるおしゃれなカフェもいいですが(クラムチャウダーはない)
IMG_4364_convert_20150303035246.jpg

ウリはこの素敵な中庭。とても室内とは思えません。というかここが個人のお屋敷ってことがアンビリーバブル!
ボストンにあるフェルメールはかつてここにあったのですが今はほかのレンブラントなんかの作品と一緒に盗難中で額縁のみありました。ほかにも源氏物語絵巻やらタペストリーやらゴージャスなコレクションがいっぱい。もっとゆっくりしたかったな~

美術館2軒目でドルジが相当不機嫌になってきたので早々に退散><




【2015/03/03 03:57】 | 旅行
トラックバック(0) |

ボストンですか!
nyatan
よしこさんこんばんは!
御無沙汰してます。

いや~ボストン、すごい雪ですね。
本当によく行かれましたね。(事前にわかってたんですか?)

ホンモノのボストン美術館、いいなあ~。
実は名古屋には「名古屋ボストン美術館」というのがあって、本家ボストン美術館からいろんな名品を借りては展示しています。今はモネの「ラ・ジャポネーズ」(有名な金髪着物美人の絵)などの「華麗なるジャポニスム展」をやってます。(以前見た作品が多いので行ってないけど。)

地元財界が出資してるんですが、かなり財政苦しいらしい。そもそもなんで名古屋にボストン?なんだけど、日本から流出した国宝級名品の里帰り展とか、面白い展覧会も多いので、なんとかがんばってほしいものです。

Re: ボストンですか!
fcyoshiko
nyatanさん、コメントありがとうございます。

もちろん知っててつっこんだんですよ~^^
大雪のせいで思いつきでホテル予約しても楽勝だったので^^

名古屋のボストン美術館っていうのもおもしろいですね。もしかして姉妹都市とか?
モネの絵って着物を着た外人さんの周りに扇子がいっぱいあるアレですか?

実は私はフィリップの学生時代をしのんでみようと思ったんですけれど大学には立ち寄れませんでした><


コメントを閉じる▲
先週はプレジデントデー後の冬休みで学校はお休み♪ということでちょっと旅に出てみました。といっても飛行機などは突然取れないので車で!

テレビであんなにひどい大雪といわれていたのにもかかわらずボストンに行ってみました。(物好きね)
ボストンに行く途中のスプリングフィールドという町に「バスケの殿堂」はあります。
じつはアメリカに来てすぐにいったのですがその頃はまだドルジのバスケ熱はそこまでではなかったのでザッと見ただけで中には入らなかったのです。

IMG_4341_convert_20150224115857.jpg

高速からもよく見えるバスケボールのマークが目印。

今回はちゃんと入場料$22払いました^^  冬休み期間中は学生さんはタダよ♪
中は3階建てで3階はバスケ史みたいな感じ。昔の道具やら有名な選手(おもに学生)の写真。

2階は比較的新しい人たち。 高校、大学、そしてプロで活躍した選手&コーチが殿堂入り。
この殿堂のスポンサーだからかナイキの靴使ってた選手おおいね。

IMG_4346_convert_20150224120108.jpg

これはSHAQことシャキールオニールさんの靴。サイズ30って言ってました。
ドルジによると身長200センチ以上のでかい選手だったらしいです。聞いたことないよ~という方も多いかと思いますが
アリゾナティーの缶の人だよん♪
soda+shaq+hero+IIHIH-300x196.jpg

有名コーチたちの戦術や功績なんかもいっぱいあって図解もありおもしろかったです。
IMG_4343_convert_20150224120239.jpg
これはドルジの好きなシカゴブルズ黄金時代のコーチだそうです。

IMG_4344_convert_20150224121217.jpg
ドルジの尊敬する人らしいですが誰??

展示も面白いですが
IMG_4345_convert_20150224120016.jpg

トイレのハンド乾燥機まで凝っています

1階にはバスケコートがあり、だれでもあそんでOK
IMG_4347_convert_20150224120153.jpg

一番左の初代ピーチバスケットからはじまって歴代ゴールすべてにシュートきめてみましょう。


次回は彼自身が殿堂入りしてほしいものです。



*******: おまけ **********::

ちなみにバスケットボールの考案者はナイスミスさんというひとです。
なぜかしらないけど中学の体育の期末テストでよくでたな~  (そんなに大事なこと?)

【2015/02/24 12:43】 | 旅行
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。