アメリカに来たときは高校生&小学生だった息子たちも大学生&高校生になりました。。。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親切な友人が図書館でタダ券をもらってくれたのでガーデンシティの航空博物館にGO! ビバ!ミュージアムパス♪

なんでこんなところに航空博物館?というと。。。
その昔、マンハッタンからほど近いロングアイランドのだだっぴろい平原は恰好の飛行場だったらしい。あのリンドバーグがパリに向かって飛び立ったのもココ。そんなわけでグラマンはじめとする飛行機会社、航空機ロケット関連の会社がいまでもたくさんあるそうです。 まぁ、ワシントンの航空博物館には到底及ばないんだけどそこはタダなんだから!

IMG_3995_convert_20141030092359.jpg

こんなかんじで昔の飛行機がたくさんぶら下がってたりおいてあったりします。何よりもびっくりなのは平日で数えるくらいしかお客がいないのにその倍以上のボランティアのおじいさんたちがいて、熱心に説明してくれるのです。なんと、ボランティアのちからで復元した昔の飛行機エンジンを動かしてみてくれたりも! ひまだからマンツーマンで心行くまで飛行機黎明期のお話を聞くことが出来ます。みなさん、グラマンのOBとかみたいです。

おじいさんから聞いたトリビア
初めて飛行機に乗った大統領はセオドアルーズベルト。
ルーズベルトの息子は戦闘機乗りでフランスで戦死
ウィンストンチャーチル&フランクリンルーズベルトが一緒に乗った飛行機はパンナム機
飛行場が整備されていない昔の飛行機は海から発着できるように水陸両用。


もっともっといっぱい教えてくれたけどわたしの英語力&記憶力はそのくらい。。。。ごめんよ。

個人的には昔の爆撃機が自分のプロペラを打ち抜かないようにする仕組みが面白かったです。
こじんまりしてるぶんアットホームで飛行機の原理をいろいろ実験できるコーナーがあったりして小さい子にはうけるだろうなって感じです。

あこがれのパンナムスッチーユニホーム
ミニスカ&ロングブーツの斬新な組み合わせ
IMG_3997_convert_20141030092447.jpg

右下のパンナムバッグ、アンティーク屋さんですごく高かったのを覚えてる。

昔の飛行機にはめっぽう強いですがロケット打ち上げはやってなかったのでロケットコーナーはちょっと文化祭の展示風。
IMG_3999_convert_20141030092748.jpg


ミュージアムパスさえあれば雨の日の子供との暇つぶしにもってこい。
ミュージアムショップも結構楽しめました^^

【2014/10/30 09:51】 | ナッソー郡
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。