アメリカに来たときは高校生&小学生だった息子たちも大学生&高校生になりました。。。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

普段の生活の中で自然とたまってしまうコイン。とくに学校のカフェテリアで現金使われちゃうと1セントやら5セントやらがどんどん増えていきます。日本だったらATMにざらっと入れたら良きに計らって口座にいれてもらえますが、アメリカの銀行にはコインを計算する機械がないことが多いです。窓口に持っていったら「ロールしてきて」と言われました。
コインをロール???

つまりこういうことです。
コインラッパーと呼ばれる筒状の入れ物に種類別に分けたコインを決まった数だけ入れて
IMG_4104_convert_20141224025347.jpg

IMG_4105_convert_20141224025416.jpg
はじっこをクイッと折り曲げて出来上がり。
コインの種類ごとに入れる数は決まっています。
非常に地道な作業 
今回は$60分巻けました
筒状コインラッパーはウォルマートで97セントなり。
もうちょっと使いにくいですが、筒状になっていないのは銀行でタダでくれます。
やり方は↓こういうところで手取り足取り教えてくれます。


慣れてくると意外と楽しいしとても生産的なことをした気になりますがよく考えたらすっごくばかばかしい作業。
ホントに先進国か?アメリカ


***** おまけ **************::

IMG_4122_convert_20141224025552.jpg
うっかり紛れ込んだカナダの1セント硬貨
超紛らわしい


そしてなぜかこんなものまで!
IMG_4103_convert_20141224025623.jpg
懐かしの地下鉄トークン♪
もうつかえないじゃん

【2014/12/24 03:09】 | 生活
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。