アメリカに来たときは高校生&小学生だった息子たちも大学生&高校生になりました。。。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週に一度ESLの個人レッスンをやってます。
あまり上達はしてませんが先生は元高校の先生でとてもいい人で趣味&読書の好みがとても合うので続けてます。
いつもたいてい食べ物のことか本か映画のことをくっちゃべってます
そして時々遠足として先生とのお食事会もあるのがいいです。先生はイタリア系の方なのですが(両親がイタリア人)
その彼女がこのあたりじゃ一番だというRachel's Cafeにいってみました。

アメリカでイタメシ屋探すのは簡単ですがたいていの場合アルデンテどころかペニョンペニョンのウェルダンなパスタをだすトンデモ店です。ここはSyossetという比較的うちから近くていい立地条件です。

とても小さいお店なので予約は不可ですがランチはたいてい空いてます。
おすすめののラビオリいってみました。
IMG_4091_convert_20141231112857.jpg

ラビオリって食べたことないのですがこれは非常に大きいらしいです。ベロンとしたラザニアみたいなパスタの間にパンプキン&チーズの具がはいってました^^
上にのっているのはアンチョビじゃなくてセージというハーブ
イタリア人、セージ好き? 先生の家で時々たべるズッキーニのマリネにもたっぷり入ってますがさわやかでいい香りです。

うしろのシーフードサラダも大変美味でした。


とってもおいしいランチでしたが一緒にならっていたおなじみさんの帰国に際しての送別会でもあったので涙が出そうなランチでした。次回はディナーに来てみようと思います。

【2014/12/31 11:42】 | 未分類
トラックバック(0) |


洋書Bookworm
ビックリするほど大きなラビオリですね。
ソースが、ちょっぴりというのも、あれ?という感じでした。
私も、レストランで、自家製ラビオリがあると、好んで注文するのですけど、こんなラビオリを見たのは、初めてです。
同じアメリカ内でも、違った食べ物があって、おもしろいですよね。

Re: タイトルなし
fcyoshiko
洋書Bookwormさん、コメントありがとうございます。
やはりこれは特大サイズなのですね。一緒にいたイタリア人の先生も大きいっていってました。
普通はどのくらいなのか今度違うイタリアンでまたラビオリ頼んでみます。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
ビックリするほど大きなラビオリですね。
ソースが、ちょっぴりというのも、あれ?という感じでした。
私も、レストランで、自家製ラビオリがあると、好んで注文するのですけど、こんなラビオリを見たのは、初めてです。
同じアメリカ内でも、違った食べ物があって、おもしろいですよね。
2015/01/02(Fri) 09:43 | URL  | 洋書Bookworm #88NPR0Zk[ 編集]
Re: タイトルなし
洋書Bookwormさん、コメントありがとうございます。
やはりこれは特大サイズなのですね。一緒にいたイタリア人の先生も大きいっていってました。
普通はどのくらいなのか今度違うイタリアンでまたラビオリ頼んでみます。
2015/01/06(Tue) 22:01 | URL  | fcyoshiko #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。