アメリカに来たときは高校生&小学生だった息子たちも大学生&高校生になりました。。。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近所の図書館では本だけでなくミュージアムパスという美術館のタダ券も貸し出してくれます。たいてえ2人以上使えます。ロングアイランドの美術館だけじゃなくてお高いMOMAやグッゲンハイムなんかもあるのでぜひ利用しましょう。

そんなわけでタダ券もって本日はロズリンにあるナッソー美術館へ~(タダってすてき!)
駐車場から美術館への小道では彫刻がお出迎え

image1_convert_20150316115001.jpeg

一緒に行った友人によると有名な作品らしい。

image2_convert_20150316114935.jpeg
グレートギャツビーの家に似てます。
美術館はマンハッタンのフリックコレクションのフリックさんが息子のチャイルズのために建てたお屋敷。パパ、太っ腹!
今は中国の陶磁器展をやってます。明、清時代のツボや皿がたくさんありました。 かなりの部分フリックコレクションからきてます。

こんな一見ナゾのツブツブが
image3_convert_20150316114726.jpeg

遠くから見ると
image4_convert_20150316114802.jpeg肉眼より写真の方がよくわかる

こんな絵になったりする印象派の原点みたいなのもあっておもしろい。
ミュージアムショップも展示のテーマに沿った面白くてセンスある品揃えでよかったです。

そんなに作品数はないけれどただなら満足満足^^

ランチはロズリンだとお高いのでちょっと離れたグレートネック駅前の

Mi Casa Es Tu Casa コロンビア料理店です。

字だけのメニューは分かりづらいことが多いのですがここのはファミレスみたいに写真が豊富なので楽ちん♪
image5_convert_20150316114840.jpeg

だいたいご飯の上にフェジョアーダみたいなのが標準装備で、あとは上に載っているお肉の種類が違うだけ。
わたし牛タン。わきにはバナナフライもあってうれしい。
豆は日本人の口にきっと会う優しい味。給食のチリコンカンに似てます。牛タンは柔らかくてじゅーしーでした。これで$10しないのはありがたいです。日替わりランチスペシャルは$6.50と破格ですが大人気なのですぐなくなる模様。

時間があったのでさらにお隣のカフェベネでお茶。
image6_convert_20150316114908.jpeg

日本にもある韓国カフェ。 グレートネックにもあったとは!
折角なので韓国風ミスガルなるものをオーダー。
ミスガルは穀物を炒って粉にしたものらしい。むかし好きだった「はったい粉」みたいな味でした^^




【2015/03/16 12:20】 | ナッソー郡
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。